カウンター

適当

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リストの名前を適当に設定する

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« ハングル検定の申し込みをしました | トップページ | 千葉駅前の書店に行きました »

2023年4月17日 (月)

クライムファミリー 第1話

月曜日。

月曜日はいつも眠いです。

土日で生活リズムが崩れているのでしょうね。

本人的にそんなつもりはないのですが。

通勤電車の中でも、座れたら寝ようと決めていたのに、

実際に座れたのに、なぜかスマホをいじっていました。

そんな時に限って眠気がどこかに行ってしまう

つまらない性格のようです。

 

 

 

さて今回はドラマの話。

この春のドラマで今回見ているのが、

 

5051211

 

クライムファミリーというドラマです。

毎週火曜日深夜、フジテレビで放送されています。

先週から始まったのですが、全4話のようで、大型連休中にも

終話となりそうです。

 

本郷奏多さん演じる主人公が、金をだまし取るために家庭教師と偽り、佐々木家に潜入するのですが、

その一家はそれぞれ主人公以上の犯罪に手を染める、とんでもない“犯罪一家”だったと判明することから始まります。

お互いの本当の顔を知らず、“ウソの家族”を演じ続ける犯罪一家を、悪人である主人公が、

皮肉にも“正しい家族”へと正していってしまう、ブラックコメディです。

本郷さんが演じるのは、天涯孤独にして一文無しの詐欺師・松田郷(まつだ・ごう)。

金に困った郷は、裕福で品行方正な佐々木家に狙いをつけ、経歴を詐称し一流家庭教師として潜入します。

持ち前の口のうまさで、佐々木家に取り入ることに成功しますが、実はその家族は

それぞれ窃盗・詐欺・恐喝と郷以上の犯罪に手を染めるとんでもない“犯罪一家”だったことが明らかに。

しかし、当の家族は、犯罪者としての顔をお互いに隠し、幸せな家族として過ごしています。

早々に詐欺師の正体がバレた郷は、家族一人ひとりに「協力しなければ正体をバラす」と脅され、

それぞれの家族の犯罪の片棒を担ぐ二重生活を余儀なくされることに…。

家族にも秘密にしている本当の姿を、他人である郷には見せる佐々木家。

そんな彼らを目の当たりにし、悪人の郷が、それぞれの犯罪に巻き込まれながら、

図らずも家族の再生を手伝っていくことになります。

 

 

郷役の本郷奏多の顔つきを見ていると、詐欺師っぽい顔つきを

うまく演じていて、そこがいいなと思ったら、

家族に翻弄され困っている顔つきも良く、

この役をうまく演じているな~と思いました。

 

 

第一話では、娘役の夢(吉田美月喜)がメインの相手でした。

パパ活していた夢にお金を貢いでいた相手が夢の家に現れ

包丁を持ちながら交際をせがみます。

郷が取り押さえた後に父の歩(大倉孝二)、母の陽(真飛聖)が家に帰ってきますが、

郷が「この人強盗です」と言っても自分の荷物の心配しかしません。

そんな姿に夢はショックを覚えます。

夢の誕生日にもケーキを用意していましたが、

夢を除いた家族3人で食事を始めます。

郷は「夢を待たないのか」と歩に聞くも

「もう8時過ぎたから」と家に帰ってきていない夢を気にせず

関係ないようなそぶり。

 

 

パパ活から帰ってきた夢に郷は、

ケーキの一片に刺さっているろうそくに火をつけて、

ハッピーバースデーの歌を歌います。

「嬉しくない」と言いつつも、夢は嬉しかったようで

「先生の誕生日はいつ」とLINEを返してくれました。

 

 

 

全4話なのでおそらく娘→息子→母→父と

メインの話が変わっていくのかなと思います。

この佐々木家の設定は私から見てもヘンなのですが、

子供が夕食時に今日あったことを話すと、父親から

「そうか。はい一万円」と現金を渡すのが

とってもうらやましかったです(笑)。

 

 

第一話最後が長男・勝(荒木飛羽)が郷を

椅子に縛り付けて、スタンガンを近づけているところで終わりました。

第2話は勝の話となりそうです。

どんな話になるのか次回も楽しみです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸市情報へ
松戸情報

にほんブログ村 ハムスターブログへ
ハムスターブログ

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
韓国語

 

« ハングル検定の申し込みをしました | トップページ | 千葉駅前の書店に行きました »

日常と松戸関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハングル検定の申し込みをしました | トップページ | 千葉駅前の書店に行きました »