カウンター

適当

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リストの名前を適当に設定する

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« 改正民法 | トップページ | ハムスター、エサでつる »

2022年12月13日 (火)

silent 第9話

火曜日。

寒いね。朝から寒いね。

しかも雨も降るし。

12月… 冬ならではの冷たい雨でした。

帰りは雨も止んで星空も見えてきましたので

明日は晴れそうです。

 

 

 

さて今回は、今月8日に放送したフジテレビのドラマ

「silent」第9話についてのお話です。

 

011003

 

 

このドラマは、高校の同級生だった青羽紬(川口春奈)と

佐倉想(目黒蓮)と戸川湊斗(鈴鹿央士)が

中心のドラマで、高校時代に

青羽と佐倉が交際し、卒業後に佐倉が一方的に

別れを告げ消息を絶ち(理由は耳が聞こえなくなったこと)、

数年後、青羽と戸川が交際しているところに佐倉が現れます。

 

----------------

今回は、いきなり佐倉が話しています。

高校卒業後の頃の回顧シーンからのようです。

ここでは佐倉が母親(篠原涼子)に、青羽や戸川など

家族以外には自分のこと(耳が聞こえないこと)を

話さないようにと言ってます。

耳が聞こえなくなっていくシーンが続きます。

 

 

佐倉の母親と佐倉の姉妹とのシーンで、

佐倉の姉(石川恋)が「遺伝性ってことはさ、私の子供もありえるってことだよね」

と母に伝えます。

その後出産後、赤ちゃんが耳が聞こえるか検査をして

聞こえることを確認します。

 

 

その後現在に戻り、故郷に戻っていた佐倉に戸川が訪ね

話をした後、佐倉は母親に

自分が耳が聞こえなくなったことを

家族以外に秘密にしていたことを後悔しました。

 

 

東京に戻った佐倉は青羽と

仲良く歩くシーンで今回は終わっています。

 

-------------------------

 

今回は、佐倉の実家シーンの話がメインでした。

佐倉が耳が聞こえなくなるまでのシーンをもとに、

どうして佐倉が耳の聞こえないことを周りに隠したのか、

またその考えが変わったところがメインでした。

 

 

今回は、佐倉の父(利重剛)が、今まで以上に登場していました。

とはいっても1分程度かとは思いますが。

代わりに夏帆さんが出てこず、手話の先生(風間俊介)も

最後にちょっとだけの登場でした。

 

 

今回の話は別にいいんだけど、過去の経緯が流れるだけで、

実際の進展は、あまり進んでいないように感じました。

それよりも、青羽がCDの整理をしているときの

青羽の弟(板垣李光人)の発言

「(CD購入よりも)サブスクのほうが安く済むのに」

が、時代の流れを感じました。

そうか、もうCDは古いと思われているんだな。

ワタシのようなレコード世代からすると

さらに時代が変わったような、そんな気持ちになった

今回のドラマでした。

 

 

来週は、どんな内容になるのやら。

予告編を見ると、佐倉と青羽が

まだ付き合っていない理由の内容かな。

来週も欠かさず見ますよ。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸市情報へ
松戸情報

にほんブログ村 ハムスターブログへ
ハムスターブログ

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
韓国語

 

« 改正民法 | トップページ | ハムスター、エサでつる »

日常と松戸関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 改正民法 | トップページ | ハムスター、エサでつる »