カウンター

適当

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リストの名前を適当に設定する

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« 松戸駅近辺年末年始営業時間 | トップページ | 年越しマック »

2022年12月30日 (金)

韓国映画 私のオオカミ少年

金曜日。

今日は穏やかな一日でした。

晴れて、昼間はそこそこ暖かくて。

大掃除にはとても良い日なのですが、

「大」がつく程には掃除できず。

2022年も明日で終わり。

時が過ぎるのが早く感じてます。

 

 

 

さて今年最後の韓国ネタ。

Amazonプライムで観た韓国の映画です。

 

5013021

 

私のオオカミ少年という映画で、

2012年に公開された映画です。

韓国語勉強の一環として見ました。

 

 

あの… 意外と感動しました。

 

 

田舎に引っ越してきた母と娘スニ(パク・ボヨン)と妹。

その家には言葉もしゃべれない少年チョルス(ソン・ジュンギ)が居て

スニが言葉を教えたりするが、スニが

襲われそうになった時、オオカミに変身したチョルスが守ってくれる。

 

 

ところがその正体を知った人たちから射殺されそうになり

スニはチョルスを逃がします。それから数十年後、

年を取ったスニがその家に戻ってくると、

チョルスはずっとそこで待っていて再会する。。。

 

という話です。だいぶ端折っていますがね。

 

 

まず、最初の10分は、何がどうだかよくわかりませんでした。

ひょっとして、つまらない映画かも…なんて

思って見続けたら、10分経過後あたりで、ストーリーが

わかってきます。

 

 

スニはチョルスをちゃんとした人間に育てようと、言葉を教えたり

子供たちと遊んだりするシーンとなりますが、

チョルスの役は、ずっとしゃべらないのです。

言葉を話せない設定なのですから当たり前ですが。

なので、仕草や、顔つきや、目つきでオオカミ少年を演じていくのですが、

私のような素人でもとても上手い演技しているなーって思えました。

 

 

チョルスを射殺する捜索隊から逃すために

スニがチョルスに向かってわざと「嫌い」と言ったり

頬を叩いたりしてお別れするシーンは

ちょっとうるっときました。

その後数十年後の再会シーンも

うるっときました。

数十年後に再開したときに

チョルスが持っていた紙には、スニの字で

「戻ってくるから待ってて」と書かれていました。

(別のシーンのときに書いて渡していた紙です)

 

 

まぁ、数十年たってもチョルスの姿が変わりないことには

ちょっと違和感がありますが、それでも感動の再会でしたよ。

 

 

韓国語の勉強としては、スニからチョルスへの

命令形がよく出てきたようです。

ほぼ聞き取れていませんが、先ほどの捜索隊から

逃がすために「가 (逃げて)」と言ったのは聞き取れましたが

それ以外は、まだ字幕を見るのみでした。

 

 

映画としては見てよかった~ と思えました。

また来年も 何か見たらお伝えします。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸市情報へ
松戸情報

にほんブログ村 ハムスターブログへ
ハムスターブログ

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
韓国語

 

« 松戸駅近辺年末年始営業時間 | トップページ | 年越しマック »

韓国語関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松戸駅近辺年末年始営業時間 | トップページ | 年越しマック »