カウンター

適当

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リストの名前を適当に設定する

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« ハローゴースト | トップページ | silent 第9話 »

2022年12月12日 (月)

改正民法

月曜日。

あと3週間で今年も終わりですね。

あれしてない(;'∀')

これしてない💦

いろいろ思いつくことが多くて、

正月休みは結構予定が詰まりそうな予感です。

そんな時は、我が家のアイドル!

ハムスターのキンタロー君に癒されたいと思います。

 

111516

 

 

さてこないだの土曜日ですが、

民法が一部改正されたというニュースを見ました。

 

 

011104

 

 

民法のどの部分が変わったかというと、民法の

嫡出推定のところです。

 

011105

 

今までは、離婚から300日以内に生まれた子供は、婚姻中に妊娠したと推定し、

実際は違っていても、前の夫の子と推定すると規定されていました。

そのため出生届を出すと、婚姻中の夫婦の「嫡出子」として戸籍に載ることになります。

扶養義務を負う父親を早く確定することが子の利益につながるとの考えからです。

 

 

011106

 

この制度は生まれた子供の父親を特定する制度でしたが、

このおかげで、母親が出生届を出さないことがあり、

戸籍のない子供が生じることがありました。

前の夫の子になってしまうので。

 

011107

 

そこで今回の改正では、結婚している場合は、

離婚300日以内に生まれた子供でも

今の夫の子供と推定されるとなりました。

さらにそれにより、現在規定されている、

女性に限った離婚から100日間再婚禁止規定も

廃止されることになりました。

法律上、父親が重複することがなくなったので。

 

011108

 

また父親だけに認められていた嫡出否認の手続きも、

子供と母親にも拡大されることになります。

 

 

120年以上前から続いている民法の改正です。

ただ無戸籍問題の課題は、この改正でもまだ少し残るようです。

例えば生まれてきた日が1日でも再婚前なら、

前の夫との子となってしまうとか。

その妥当性もこれからの課題となりそうです。

 

 

もう10年近く前になりますが、行政書士の資格試験のところで

民法も試験範囲に入っており、ここを暗記していました。

今回の改正は2024年夏までに施行されますが、いつ施行するかにより

施行後の行政書士試験の法改正問題として、ここが出てくるのかもしれませんね。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸市情報へ
松戸情報

にほんブログ村 ハムスターブログへ
ハムスターブログ

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
韓国語

 

« ハローゴースト | トップページ | silent 第9話 »

日常と松戸関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハローゴースト | トップページ | silent 第9話 »