カウンター

適当

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リストの名前を適当に設定する

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« お弁当事情 | トップページ | キャベツのガリバタ醤油炒め »

2022年9月16日 (金)

愛犬「じゅんじゅん」との思い出⑲2021年2

金曜日。

今朝は山手線が運転見合わせ。

ついてないけど、

ようやく3連休となります。

明日は何しようか。。。

 

 

と思いつつも、天気が悪いのね。

台風14号。できるだけ被害がないように

通過してほしいです。

 

 

 

さて今回は、2022年4月に亡くなりました、

わが愛犬「じゅんじゅん」との思い出日記です。

今回は2021年の後半。9月からです。

13歳ですが、認知症を発症しました。

 

 

この頃になると、今まで以上に寝ている姿を

見せることが多くなりました。

20211030

 

 

フローリングでも↓

20211017

 

 

プール内でも↓

20210912

 

 

寒い日は、オレンジ色のあんかを抱えて寝てました↓

20211229

 

 

ちなみに上の画像にある白い入れ物は

こぼれにくい水入れです。

認知症というよりは、介護犬のため、

それ用の対策グッズも用意していました。

ほかには、こんなのも用意しました↓

202109101

 

こちらは、歩行補助のグッズです。

なかなか歩くのが大変なようになってきましたので、

歩行補助として買ってみました。

 

202109102

 

こんなカンジで後ろ足を補助きかせて

散歩に大活躍する予定でした。

 

 

ところが、犬も私ワタシも、この補助が

とても苦手で、結局使いませんでした。

 

 

服の整理でズボンを床に置いていたら、

犬が潜り込んできました↓

202111231

 

 

そのまま見ていたところ、完全に潜り込み↓

202111232

 

反対側から、顔を出してきました↓

202111233

 

 

病気になりながらも、興味は怠らず、

秋ですから、梨も食べましたよ↓

20210914

 

なのでこの頃はまだ、食欲の衰えや、病気以外の変化はありませんでした。

 

 

 

 

 

ところが、そんな状況は長くは続かず。

 

 

やがて時々、前庭疾患という病気を患いました。

 

 

犬の目が明らかに ぐるぐる回っているのです。

動画があります↓

※音がします。

 

 

病気中は歩くのもままならなくなり、

壁にぶつかりながら、向きも上を向いた状態で歩いていました↓

※音はしません。

 

 

動物病院で診てもらったところ前提疾患という症状で、

犬としてはまるでジェットコースターにでも乗っているような

ぐるぐる感がずっとしている状況と教えてもらいました。

薬をもらい→飲ませて→一晩休んだら、目の回りもほぼ収まりましたが、

しばらくは散歩も休み、様子見していました。

 

 

また、円形プールのおかげでしばらくは落ち着いていた無駄吠えも

再発するようになり、医師と相談のうえ、睡眠薬を

犬に飲ませることにしました。

動物病院に連れていくときは自転車のかごに乗せていましたが、

乗せるだけで鳴きだすようになってもきました。

こちらは病院前で、一通り鳴いた後の顔です。

きょとんとしてます↓

20210918

 

 

 

前提疾患が治まった後ですが、散歩するときに、

まっすぐに歩きづらくなってきたようです↓

※音はしません。

 

そのせいか、歩く速度も遅くなり、

犬のリードも斜めではなく、犬の速度に合わせ

まっすぐ上から、前足を軽くサポートできるように持って

歩く散歩に変わりました。

 

 

リード持たないとまっすぐに歩けなくなってきて、

2021年12月5日、14歳となる最後の誕生日に撮った動画では、

ひとりで歩けず、横の土手にぶつかってしまいました↓

※音はしません。

 

 

また散歩のときには、手足に手袋をつけるようにしました↓

20211127

 

高齢になり、犬の肉球もだいぶ固くなり、

アスファルトの上ですと、たまに

血を出すようになったので。

 

 

 

このように、動物病院の医師に

認知症と診断されてからの5か月で、

かなり状況が変わっていきましたが、

それでも、うちの犬はカワイイと思えました。

仕事から帰って真っ先に犬のところへ行くと、

まず寝ていますが、寝顔がとてもカワイイのです。

時にはこんな風な仕草も見せ、

とっても愛情がこみあげてきました↓

※音はしません。

 

 

今までと違い、自分の睡眠も夜泣きで邪魔をされ、

散歩も時間がかかるようになり、

今まで以上に犬に気を配る日々になっていきましたが、

変な話、病気になってますます

愛情が増えたような気がします。

 

 

ここまで一緒に過ごしてきたので、

苦労はするけど気にならなくて、

一日でもいいから長生きして、自分のそばに居てほしいと

そればっかり思っていました。

 

 

いよいよ次回は2022年。

4月24日に亡くなるまでのまとめとなります。

もしよろしければ、また見てくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸市情報へ
松戸情報

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
英語学習者

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
老犬・高齢犬

« お弁当事情 | トップページ | キャベツのガリバタ醤油炒め »

犬のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お弁当事情 | トップページ | キャベツのガリバタ醤油炒め »