カウンター

適当

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リストの名前を適当に設定する

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年2月

2019年2月20日 (水)

親の介護には親の金を使おう!

図書館で借りた本です。

0155


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親の介護には親の金を使おう!

 

まあ、自分が介護始めたときから

思っていた(決めていた)ことですが。

 

 

どちらかというと、こういったパターンの場合の

介護については、どういうものがあるか等々、

介護にはこれほどのお金がかかり、

それは、子供の負担ではなく、親の負担で

行いなさい、ということが書かれています。

 

 

で、かみ砕くと、こういった支援制度がありますよ、とか、

親が健常な意識を持たなくなる前にすることとか、

現在、介護には全くの無縁者でも、一読して損はないような

構成になっていました。

0165


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記は自分が病院の相談員さんから教えてもらったことですが、

この本にも載っていました。

自分の親の収入を役所に調べてもらって、住民税非課税世帯に

該当するか確認してもらい、見事「Ⅱ」に該当したので

手続きした覚えがあります。

 

 

こういったのって、制度としてはあるけど、教えてもらわないと、

普段の生活では全く気付かないんですよね。

危うく「一般」で手続きが進んでしまうところとなって

しまうところでした。病院の相談員さんって、すごいな~

と思いました。

 

 

…あ、本の紹介でしたね。失礼しました。

 

0166


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の通りです。これもよく言われたことですが、

自分は親ができないことを代わりにするだけ。

だから、その費用は、親の財布から出すこと、と

支援センターさんとか、いろいろな方から言われました。

そうしないと、自分の生活もだめになり、体力的ではなく、

金銭面で共倒れしてしまう。もちろん罪悪感は不要。

これは、できてます。

 

 

0167


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記は最近になって気になり始めたことですが、

親が長生きした場合、そのとき自分が

定年を迎えた場合、いわゆる「老老介護」ってことにならないかな。

生命のことですから「そうならないためにも」という発想はなく、

「そうなった場合、自分はどう動けばいいのか」

同居とかも含めた、いろいろな考えをする必要があるようです。

まぁ、ここは、自分にとっては、ちょっとまだ時間あるので、

ゆっくりと考えていきたいと思ってます。

 

だいたい前提条件が「親が先に死ぬ」というところから考えているから。

この世の中、何があるかわからないしね。

そう思うと、自宅介護もやはり限界を感じることがあります。

0168_2


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はいろんな施設があるから、

「何が何でも自宅で介護する」という考えはよいのですが、

だからといって、施設での介護を全く考えない、というのも

ある意味勿体ない話だと思うんですね。

さっきも言ったように、世の中、何があるかわからないしね。

 

 

でもね、施設は高いんですよね~。

比較的安価な施設は順番待ちだし。

 

 

 

 

とまあ、いろいろ考えるとキリがないですが、

もし介護が必要となっってしまったという初期の場合、

親の財産で介護費用を捻出することが、共倒れしない

1つの秘訣だということが、よくわかりました。

2019年2月13日 (水)

チョコダイジェスティブビスケット

またまたお菓子の話です。

0007


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルボン チョコダイジェスティブビスケット

 

 

ビスケットの上にチョコをかけたものです。

価格も100円前後と、比較的安価です。

 

 

 

夏は冷やしてから、

冬は緑茶のお供に楽しんでます。

0006


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこぞの犬の眼差しが気になりますが、

お菓子はあげないようにしてますので、

気にせず、自分だけの「もぐもぐタイム」ですね。

 

 

 

仕事や介護での疲れを、

このチョコで「チョコっと」紛らわします。

 

 

面白くない? 失礼しました(笑)

明日はバレンタインなのでチョコネタでした。

2019年2月11日 (月)

韓国語勉強3 私は~입니다.

さてさて第3弾まできました。

おそらく、も少しで飽きるかと思うので

もうちょこっと、お付き合いください。

 

 

 

前回の「입니다」(~です)に、今回は

主語をプラスします。

つまり、「私は~です」という文章を作ってみます。

英語だと「I am~」みたいなものです。

 

 

ここで必要となるのが助詞です。

私は の「は」に当たるのが、「는」(ヌン)です。

 

 

私→저 (チョ)

男→남자 (ナムジャ) という単語なので、

 

なので、「私は男です。」という文だと、

는 남자입니다.  (チョヌン ナムジャイムニダ)

と書くと。

 

 

ちなみに「私」という単語には「저」の他に

「나」(ナ)もあるようです。

使い分けは「Yahoo知恵袋」に載っていました。

내,나,저の違い教えて下さい

 

 

 

子供→아이 (アイ)なので、

아이는 남자입니다.  (アイヌン ナムジャイムニダ)

「子供は男です。」

 

 

独身→독신 (トクシン)なので、

는 독신입니다. (チョヌン トクシンイムニダ)

「私は独身です。」

 

 

結構ハングルをキーボードで打つのが面倒です。

仕事で使わないし、打つ機会がほぼないからねー。

 

なので、今日はここまで(笑)

2019年2月10日 (日)

マルちゃん まろやかカレーうどん

またスーパーで新商品を見つけました。

0104


 

 

 

 

 

 

 

 

マルちゃん まろやかカレーうどん

 

 

この時期によくある、受験合格になぞらえた商品でしょうか。

パッケージにも「合格の鐘をならそう」って、書いてあるしね。

 

 

中身は至って普通のカップ麺。

具材を開けて、お湯を注ぐだけ。

0117


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして5分待つとできあがり。

0118


 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前だけあって、確かにまろやか。

しかもカレー風味。

 

カレーのカップ麺によくある、いかにも

カレーです、みたいな強さがないため、

ツユも飲めます。

 

 

あ、意外と美味しい。

 

 

期間限定かしら?だよね。合格って書いてあるし。

2019年2月 9日 (土)

雪が降りました

背中と腰とふくらはぎがやたら痛かった今週。

そんな痛みを吹き飛ばすような今朝の雪。

あまり積もらなかったので、さほど被害はなかったのですが、

ま、今日も疲れました。

今日の松戸駅前です。

0201


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただの曇り空に見えますが、雪が

降った後です。↓こんなカンジで積もりました。

0200


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。昨日のニュースで言っていたほどではなかったですね。

 

 

 

さて、いろいろあった今週。

親の転倒により、大腿骨骨折し、入院し、

すでに手術を終えました。

 

手術は成功したので、あとはリハビリ…

と思っていたら、

「夜にネズミが出る」とか「リハビリは4日に1ぺん」とか

ワケわかんないことを親から言われました。

 

 

ケアマネさんに聞いたら、手術後の「せん妄」ではないかと。

一時的なもので、おそらく日が経てば治ってくると思われると。

 

とっととリハビリして、歩けるようになって、

家に帰してあげたいです。

 

「優しさ」というよりは「入院費が高いから」なんですけどね(笑)

 

 

明日も面会に行かなくっちゃ。

2019年2月 3日 (日)

あと2年 生きたい

母親のお見舞いに病院へ。

 

 

母は、いろいろ病院の文句を言った後で、ふと

「あと2年 生きたい」と、手で

ピースサインのような形を作った。

 

 

 

自分は、母の指を全部広げて

「あと5年ね」と言った。

 

 

「そうすると、90か」と母は言った。

 

 

 

 

自分には、それしかできなくて。

2019年2月 2日 (土)

入院

親の話ですが、昨日、デイサービス内で転倒し、

本日病院で診てもらったところ、大腿骨骨折と。

 

 

また、入院です。

 

 

昨年同様、治療病院→リハビリ病院へと。

 

 

 

 

せっせと動き回りましたが、

もう、うんざりです。

 

一日がかり。

疲れました。

 

 

さすがに今回は骨折しているので、手術と、

回復後、今まで通りには体が動かないことを

医師に伝えられました。

 

 

 

もう、不安しかないです。

 

 

ホントにつらいのは親なのに、

あまり、やさしくなれなくて。その前に

不安が大きくて。

 

 

 

夜になり、実家の親の衣服の洗濯をしに。

 

自分は、親が居ない実家が、大嫌いです。

 

シーン としているにもかかわらず、

なんか、温もりを感じられ、

この歳にもかかわらず、泣きたくなります。

 

 

頼る相手は居ないから、自分が

一番しっかりしなくちゃいけないのに。

 

それはわかっていますが。。。

 

 

 

明日もせわしくなりそうなので、今夜は寝ます。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年6月 »