カウンター

適当

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リストの名前を適当に設定する

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« もつ煮 | トップページ | ぐうたらでも血圧がグングン下がる50の方法 »

2017年12月11日 (月)

中学英語22 関係代名詞

I know a girl.  She plays the violin very well.
(私は女の子を知っています)(彼女はとても上手にバイオリンを弾けます)
→I know a girl who plays the violin very well.
(私はとても上手にバイオリンを弾く女の子を知ってます)

2つの文を自然な形で1文につなぐ接着剤のような役割をするのが関係代名詞です。

■関係代名詞who
に対して「どんな人かというと~」と説明を加えるときは、関係代名詞whoを使います。
関係代名詞のあとの動詞は関係代名詞の前の名詞に合わせます。
上の文は、whoのあとに続く文が現在で、前の名詞が3人称単数なので、playsになります。

説明される名詞が主語の時は、関係代名詞のまとまりが文中にきます。
The woman who draw this picture is very famous. 〔isがこの文のメインの動詞〕 

■関係代名詞which,that
ものに対してはwhichまたはthatを使います。
This is the bus which goes to the city hall.
(これは市役所へ行くバスです)

人について説明するときの関係代名詞はふつうwhoですが、thatが代わりに用いられることもあります。

■関係代名詞which,thatのすぐ後に「主語+動詞」を続けて「もの」について説明することもできます。
This is a book which[that] I bought yesterday.
(これは私が昨日買った本です)

thatは後に「主語+動詞」を続けて「人」について説明することもできます。「人」については「who」も使うことができますが「which」は使えません。
He is a baseball player that my sister knows.
(彼は私の姉が知っている野球選手です)

後ろに「主語+動詞」をともなう関係代名詞which・thatは省略することができます。
This is the book I read everday. →which〔that〕が省略されている。
(これは私が毎日読む本です)

This is the train which goes to Kashiwa. →省略できない。
(これは柏に行く電車です)

名詞関係代名詞語句
who〔that〕動詞~
主語+動詞~
ものwhich/that動詞~
主語+動詞~

« もつ煮 | トップページ | ぐうたらでも血圧がグングン下がる50の方法 »

英語関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学英語22 関係代名詞:

« もつ煮 | トップページ | ぐうたらでも血圧がグングン下がる50の方法 »