カウンター

適当

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リストの名前を適当に設定する

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« ゆうゆう窓口 | トップページ | ネイティブ思考 英語勉強法 »

2017年10月29日 (日)

この秋に読んだ本2

日曜日。また台風です。

昨日から雨が続いており、夕方から

強くなってきました。

この時間、台風本体がかなり近づいている様子。

102901


 

 

 

 

 

 

 

台風22号ですが、名前は「サオラー」と

名付けられているようです。

 

 

なんか、吉田沙保里さんをリスペクトしている人たち

のようなネーミングに聞こえます。

 

 

関東では今夜が最接近とのことなので、

あと数時間の注意ですが、台風が

過ぎ去っても洪水とか起きることもあるので、

明日いっぱいくらいは注意ですね。 

 

 

 

さて、こないだ本を読み、

これで「読書の秋」は終わったと思ったのですが、

このタイミングで予約していた本が

借りられるようになったと図書館から連絡があり、

もう一冊読みました。

 

Dsc_166201


 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もボクを見ていない

 

 

7月か8月に予約していたようです。

忘れた頃にやってきました。

 

 

この本も、とある事件について

書かれている本なのですが、

17歳の少年が祖父母を殺害した事件で、

新聞記者が事件までの流れをまとめた本です。

 

 

事件自体は残酷ですよね。

ただ、この少年が育った環境が

自分では想像できないほど過酷なもので、

単純にその少年「だけ」が非難を受けるものなのかな、

と思うと、素直にそうとも思えずに。

 

 

あとわかったことは、この殺害も、

前回の書籍と同じ、3月26日に

犯行に及んでいるのですね(年は違いますが)。

あ、また誕生日だ。

犯行に及びやすい日なのでしょうかねー。

後藤久美子さんとか渡辺麻友さんも

同じ誕生日なのですが。

 

 

最近、本を読む機会が増えたような気がします。

若かりし頃は読書が苦手だったので。

 

本を読むと成績が上がる!

 

ということはございませんが(たぶんね)、

なんか心が豊かになる、というのかな。

心が落ち着いたり、新たな考え方が身についたり、

そんな気がします。

 

そしてそれは、巡り巡って、

自分の生き様に反映していくものかもしれません。

 

台風とかで出かけられず、家に引きこもりの日は、

たまにはテレビを消して、落ち着いた環境で、

本を読むことって、いいものですね。

« ゆうゆう窓口 | トップページ | ネイティブ思考 英語勉強法 »

日常と松戸関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この秋に読んだ本2:

« ゆうゆう窓口 | トップページ | ネイティブ思考 英語勉強法 »