カウンター

適当

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リストの名前を適当に設定する

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« (タイトル未定) | トップページ | 再開のお知らせ »

2017年1月22日 (日)

中学英語01 be動詞

■be動詞は一言で言うと、イコール「=」の意味でつなぐことになります。

■主語がIのときはamを、Youのときはareを使います。

I am Mai. (私は麻衣です)
You are my friend. (あなたは私の友達です)

■主語がIやYou以外の単数のときは、isを使います。
Ken is happy. (ケンは幸せです)

■we、they、these booksなどのように、2人以上の人や2つ以上の物が主語のときは、
be動詞はareの形です。

They are busy. (彼らは忙しいです)
Ken and Mai are from Matsudo. (ケンと麻衣は松戸の出身です)
↑主語が「Ken and Mai」と複数なので、be動詞はareになります。

■be動詞のあとに、in Tokyo(東京に)のような場所を表す言葉を続けると、
「~にいる」「~にある」という意味になります。
in、on、nearなどの前置詞がよく使われます。

■短縮形
that is→that's。しかし、this isの短縮形はない。

■否定文
be動詞のあとにnotを入れます。

She is Mai. (彼女は麻衣です)
She is not Mai. (彼女は麻衣ではありません)

■疑問文
be動詞を先頭に持ってきます。
主語がyouや複数ならAre、主語がheなどIやyou以外の単数ならIsで始め、
文の終わりにはクエスチョンをつけます。

He is in Tokyo. (彼は東京にいます)
Is he in Tokyo? (彼は東京にいますか)

■Areの疑問文への答え方
Are you~? の問には、Yes, I am./No, I'm not.で答えます。
Yesで答える文にはYes, I'm.のような短縮形を使うことはできません。

■Is~?の疑問文の答え方
疑問文の主語が1人の男性や女性ならYes he is./No,she isn't.等で答えます。
疑問文の主語が人以外の1つの物のときはitを使い、No,it isn't.等で答えます。

« (タイトル未定) | トップページ | 再開のお知らせ »

英語関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (タイトル未定) | トップページ | 再開のお知らせ »